« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

スミナガシ

スミナガシ
次なる飼育はこの幼虫。
独特の巣作り、見ていて飽きない。アワブキの葉は大きい、しかも紙のような質感、幼虫は主脈に座し、ぼろぼろの葉で姿は見つけにくい。さて、幼虫はどこにいるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンジュサン

シンジュサン
芦安で逢えるとは、なんて嬉しいんでしょう!
図鑑で見るたびにいつか逢えますようにと願っていた蛾のひとつ。今日は天気が悪く霧がかかり肌寒かった。前の晩、電柱の灯りに集まった蛾は静かに朝を迎え飛び立つこともなく葉裏に潜んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ
オオムラクンに続いて羽化、みんな無事に飛び立った。梅雨明け、私は梅をほしまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオムラサキ

オオムラサキ
梅雨明けの今日、オオムラクンが羽化した。あまりにも美しい色に感激。手をかざすと汗を美味しそうに飲んだ。飛び立ちを撮影しようと緊張して外に出てカメラを向けたとたんピューと素晴らしい速さでカラマツの林に消えた。蝶の夏が始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロオビヨトウ

シロオビヨトウ
模様がはっきりしていたので図鑑で検索、本州中部地方の山地で見られるが少ないと書いてあった。よかった!何でも写真撮っておくもんだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ
蛹になった!
卵から約20日だ。
なかなか複雑な形だ。
イチモンジは初めての飼育、無事に羽化しますように…。
芦安はすっかり夏らしくなった。登山客も増え賑やかだ。それにも増して賑やかなのは虫君たち、今年はカシワマイマイの幼虫があちこちに出没している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰ですか?

誰ですか?
綺麗な模様と色
雨に濡れたコケの中に頭を隠したけど目立つよ!
今日はオオムラクンの蛹2つ見つけた。あと少しするとオオムラクンの飛翔が見られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キバナノヤマオダマキ

キバナノヤマオダマキ
コアカソに囲まれひっそりと咲いていた。なんともいえず美しい花だと久しぶりに思った。虫ばかり探して歩いているとなかなか花が目に入らない。 こんなに清楚な花に会えて今日は幸せだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ
大分大きくなった。1センチ5ミリ位。トゲトゲがあり、タテハチョウにも似てるようだが背の形は平べったい。このあとの形の変化が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »