« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

クロスズメバチ

クロスズメバチ
芦安の庭で見つけた巣を掘り起こしてみた。30センチ弱の大きな巣が土の中からでてきた。幾層にもなっているところにクロスズメバチが力無く横たわっていた。まだ女王バチが潜んでいるのかも知れない。そっと土を被せた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりだ!

久しぶりだ!
やっぱり、12月はゴマダラの幼虫を確認しないといけないと思いたって、北の丸へ出かけた。久しぶりだ。いつものエノキに3頭見つけた。石塀のトタテグモも健在。ウラギンの越冬は見られなかった。ジョロウグモはまだほとんどが網の中央でスタンバイしていた。人の少ない北の丸だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい!

暖かい!
昨日はムササビ観察本番。12月とは思えないような暖かさだった。博物館跡地で昼間打ち合わせをしているとき、ホソミオツネンが飛びたった。
ムササビも客殿3匹、境内2匹飛んだ。大成功だった。良かった!良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタヤカエデ

イタヤカエデ
風が吹くと葉が見事に思い思いに動き出す。イタヤカエデの葉柄は細くて長い、そのうえ、葉が大きめだ。色づいた衣装を着てライライライと踊るような様をみていると、一緒に体を動かしたくなる。そんなのは私だけか! ライライライ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴイサギ

ゴイサギ
神田川沿いに軽いジョギングをやっている。毎日同じ場所でスタンバイしているゴイサギ、水量が少ない時は川の中でスタンバイする。この場所が魚がいるらしく、多い時は3、4羽集まる。じっと見つめている姿はかなりの集中度が感じられていい。すぐ横は江戸川橋の交差点。眠りにつく場所はどこかなあー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アブラチャン

アブラチャン
今年もハキリバチに葉を提供したアブラチャンが色ずいた。いろいろな模様がなかなか面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ産卵なの?

いつ産卵なの?
冷たい風に吹かれても、まだ降りてこない。いつ?降りるの?動き出すその時を見たい!そして、産卵する姿をも見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツマグロオオヨコバイ

ツマグロオオヨコバイ
キジョランの葉に越冬を始めたようだ。この葉の大きさ、厚さが越冬に適しているのだろうか?今年勢いよく伸びたキジョランを選んだヨコバイは今まではどこで越冬していたのだろう?あまり気にしていなかったのが残念だ。暖かい冬の越冬はどんな目覚めを昆虫に与えるのだろうか、葉を揺するとヨコに動くヨコバイは仲間に信号を送るかのように体を移動した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »