« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ウスモンオトシブミ

ウスモンオトシブミ
高尾で拾ったオトシブミ
ひょっこりとでてきたよ
エゴノキ見つけてあげたいな!
今は、静かに寝ているの?明日、友達探しに行こうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーム型円網

ドーム型円網
面白い形のクモの巣を見つけた。調べるとスズミグモというクモらしい。写真ではわからないが円網は規則正しい方形で作られている。温暖化で北上中ということもわかった。90年代に東京に入って来ていると書いてあった。北の丸はいつから見られたのだろうか?私は今日、初めて会えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エノキハムシ

エノキハムシ
飯田堀のエノキにびっしり付いている。ニレハムシだと思っていたら、図鑑を読むと、エノキハムシのようだ。ニレハムシは頭のところに黒い点が三つあると書いてあった。
春に見た幼虫はニレハムシだったのだろうか?
なんだか心配になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマバチ

クマバチ
北の丸
あの大きな身体であの細いネジレバナにやってきていた。みていると、ネジレにそって身体を動かしているなんとも可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマサシガメ

シマサシガメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマサシガメ

シマサシガメ
14日に南高尾初沢周辺で採集した。卵を産んでいた。図鑑でも見たことがなかったので、嬉しい!
細い円柱に蓋が付いているのがわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クサグモ

クサグモ
野外で見るクサグモの巣は葉の上に複雑な形を作っているので大きさを感じなかったのだが、この巣は大きい!三角形の底辺が90センチもある。たいした仕事量だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クサグモ

クサグモ
失礼かと思ったが、網に穴をあけさせてもらった。どんなふうに直すのか見たかったのだ。夜遅く網を張っている。穴を直すというより巣を広げているようだ。穴は薄い網が張られていた。成長に伴って大きくなる網、下駄箱の扉が開けられなくなってきた。脱皮は4回、いますこし飼っていたいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスアゲハ

カラスアゲハ
昨日、旅だってしまったらしい。無事に蛹になれるといいのだがー。それにしてもよく食べたものだ、正確ではないが2匹で80枚はたべたようだ。葉の数を数えていて気がついた、半分残っている葉があった、よく見ると、蛾の蛹が入っていたらしい。幼虫はきちんと除けているのだ。自然界のマナー?素敵だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスアゲハ

カラスアゲハ
終令幼虫。幼虫期間は30日と図鑑に書いてあった。昨日あたりから、かなり食欲旺盛。枝ばかり目立ってきたコクサギ。足りるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスアゲハ

カラスアゲハ
無事に育っている。
食べた後に残った枝に、堂々と乗っている。今日は2匹とも同じ形でいる。どこにいるかわかる?
葉っぱと同じ色だから、意外に鳥に見つからないのかもね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスアゲハ

カラスアゲハ
色が変わったと思ったら、こんな模様が!目玉模様もしっかりある。コクサギの葉を一枚一枚綺麗に残さず食べる。じっとしているときは大きな葉の主脈にそって居るようだ。蛹になるまで鳥に食べられませんように。そういえば高尾で見た蛾はフタモントガリエダシャクではなくウスクモナミシャクという蛾だった。昨日はおっ!おっ!と喜びすぎた。やっぱりきちんと採集しないといけないなーと反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロフツヤトビケラ?

シロフツヤトビケラ?
31日、日影沢で見つけた。さすがに水生昆虫!雨が降りしきる寒い中でも、葉の上でじっとしていた。すぐそばにヨツメトビケラもいた。この日は珍しい蛾も見ることが出来た。フタモントガリエダシャクという小さな蛾だ。日本での産地が高尾山、英彦山、天草島の三箇所となっている。日影ではこの時期あちこちで飛んでいるのが見られる。
高尾はすごいところだ!と嬉しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »