« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ウスキホシテントウ

ウスキホシテントウ

北の丸にも美しい秋が来ました。カラフルな落ち葉を集めていたら、コナラの葉っぱの裏にしずかに休んでいる小さなテントウムシがいました。黒地に淡黄色の紋がある、お洒落な模様です。あまりみたことがないテントウムシです。図鑑には、美しい種で少ないと書いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケノホソクロバ

タケノホソクロバ

幼虫図鑑で探しあてた。
食草はタケ、ササ類。
でも、歩いていた所はサクラの幹、しかもこの時期は卵で越冬隊になっているようなのに、なぜか幼虫が歩いている。
年2回の発生。9月に幼虫から蛹になる。ということはその後、羽化、交尾、産卵、そこで終わらず孵化して幼虫になったということか?
これも温暖化の影響なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カネタタキ♀

カネタタキ♀

霧雨が止んだ!
きっといる。
飯田堀のサクラ
しっとりと濡れていた。
いた、いた。カネタタキ。ちょこ、ちょこ歩いては止まり、産卵している。
でも、卵が確認出来ない。小さい卵なのだろうか?
ルーペが役に立たない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知りたいでちゅうー虫ー

知りたいでちゅうー虫ー

高尾山 清滝の広場にあるサクラの木に毎年ヨコヅナサシガメの越冬幼虫がいるので今年もいるかなーと探していたら、今年はこんなのに出会いました。アブラムシ?と思ったけど違う!調べたけどわからない。
うーん、知りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルリチュウレンジ

ルリチュウレンジ

近所のおじさんが一生懸命ツツジの葉っぱに付いている虫をつまんでとっているので覗いてみた。うすみどりに黒点がある幼虫だ。
蛾?ハバチ?
食草から調べるとツツジを食べているハバチの幼虫だった。虫の検索は楽しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬隊を探せ!NO5

越冬隊を探せ!NO5

ヤケヤスデ
2日前、飯田堀のサクラの幹に数10匹いた。雨上がりは、このような光景をみることがある。普段は土に近い場所にいるのだろうが、雨が降ると移動するのだろうか?
虫の行動は考え出すときりがなく飽きない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリキンウワバ羽化!

ウリキンウワバ羽化!

本日、出てきました。
図鑑には越冬の姿が書いてありません。年2、3回の羽化をすると書いてありました。成虫越冬とは決まっていないようです。
それにしても変わった形をした蛾です。羽は金の模様が光り輝きたいしたものです。今はじっとして動きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬隊を探せ!NO4

越冬隊を探せ!NO4

ヤニサシガメ
飯田堀のサクラの根元で発見!5令幼虫だ。これが越冬姿。今日は一匹しかいなかったが群生して冬を越す。大きさは1センチ位。
黒と白の二色。
飯田堀にもいるんだね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬隊を探せ!NO3

越冬隊を探せ!NO3

カネタタキの♀
雨あがりは樹枝が軟らかいのがわかっているのだろう、数匹のカネタタキが産卵をしているのを見つけた。音はするけど姿が見つけにくいカネタタキ。さすがに産卵中は動かない。♀の最期の営みをみることが出来た。卵で越冬だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬隊を探せ!NO2

越冬隊を探せ!NO2

ボロボロのヤマトシジミ
懸命に食事をしていた。
周りにはもう仲間の姿はない。体を暖めては咲いている花めがけて飛んでいた。越冬の姿は終令幼虫が多い。ということは、この成虫は直に姿を消す。
じっと春を待つ幼虫を探してみよう!草の根元に小さな幼虫がねむっているはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬隊を探せ!

越冬隊を探せ!

アブラムシの越冬見つけ!正確な名前はわからない。○○アブラムシだ。
チカラシバの根元にいた。これからは、目をこらして探さないと虫は見つからないよ。この冬はジョロウグモの越冬の姿を探すんだ!どんな姿で、どんなところで、卵を産むのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ越冬準備!

そろそろ越冬準備!

小さくてすみません!
オオツマグロヨコバイです。小春日和なので歩いています。直ぐに寒くなるので、いまからエネルギー補給をして冬に備えます。
冬、どんなところにいるの?て、探してみてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラバラだけどーー!

バラバラだけどーー!

何かいないかなあー?と
草を掻き分けていたら、見なれない羽を見つけた。
ようくみると頭、足のようなものも散らばっていた。ゴミムシ?シデムシ?
薄い茶色の羽、なんだろう?頭は淡い黄色の毛が付いている。図鑑を丁寧に調べるとコフキコガネ、オオコフキコガネに羽が似ていることがわかった。
生きているいるんだね、こんな都会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑色の蛹はーー!

緑色の蛹はーー!

今日はツマグロヒョウモン、ムラサキシジミを見た。暖かい一日だった。
先日見つけた緑の蛹は色が変わっていた。小さいがウリキンウワバの蛹になった。さあ、いつ羽化するのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャドクガかなあ?

チャドクガかなあ?

家のベランダにいた。
卵を産んで死んでいた。
卵は親の褐色の毛で、包まれていた。
ドクガだー!
チャドクガみたいだー!
ワーイ!
気をつけろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオクサカメムシ

アオクサカメムシ

友達が送ってくれた野菜の中にいた。
触覚の先端が黒いのがアオクサカメムシ、褐色なのがミナミアオクサカメムシ
と図鑑に書いてある。これはアオクサカメムシ。
ミカンをあげたら、長い口を刺して動かなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は誰?

私は誰?

ウリキンウワバがいた空き地のカボチャの葉っぱにいた。ウリキンの他にいたんだね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリキンウワバ

ウリキンウワバ

繭の中をちょっと覗かせもらった。びっくり!
あの変な形していた幼虫が普通の蛾の蛹の形。
羽の色が見える。
もしかしたら、羽化する?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオトビサシガメ

オオトビサシガメ

高尾山頂
そろそろ越冬準備
そのまえに、昆虫を捕食
しているのかな?
刺されると痛いのでさわるのはやめとこ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハナムグリの幼虫にちがいない!

ハナムグリの幼虫にちがいない!

家の前を歩いていた。
しかも、背中で歩いている。ようく写真をみてね!
足が上向いているのよ。
いつだったか、本でハナムグリの幼虫が背中で歩くというのを読んだことがあったのを思いだしたの。見たとき、笑っちゃったよ。
土の中にいれてあげたら、直ぐに潜ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »