« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

ウリキンウワバ蛹化準備

ウリキンウワバ蛹化準備

すっかり繭で幼虫の姿がみえなくなった。
すごいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリキンウワバ蛹化準備

ウリキンウワバ蛹化準備

餌をあげようと蓋を開けたら、雑にかけられた白い繭が見えた。中に頭を曲げている幼虫がいた。
昨日までの幼虫が終令だったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリキンウワバのうんこ

ウリキンウワバのうんこ

一晩でイチミリは大きくなる。食べてはウンコをしている。だすところを撮りたいと思い、ずっと待っていたのに携帯電話が電池切れ、その僅かなスキをみていたかのように、お尻を持ち上げてプヒーとウンコを飛ばした。がっくり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリキンウワバのうんこ

ウリキンウワバのうんこ

体長3センチ位、ウンコは3ミリ位だ。縦線より環状線がはっきりしている。色は黒にちかい緑。
凄い勢いで餌を食べている。どのくらいの大きさになるのだろう?育ててみようっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいウリキンウワバ

かわいいウリキンウワバ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリキンウワバ

ウリキンウワバ

近くの空き地にカボチャのつるが伸びて実ができ始めている。大きな葉っぱが虫に喰われているのを見つけた。裏返してみると体をくのじにまげたウリキンウワバがいた。しらなかったけどキンウワバは都会で普通に見られるんだね。
また、楽しみが増えた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツモンキンウワバ

ミツモンキンウワバ

接写でーす!
かなり、複雑な姿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツモンキンウワバ

ミツモンキンウワバ

最近、ご近所の人が変な虫がいると知らせてくれる。今日も庭にいるから来て!行ってみると複雑な形をした蛾の成虫がいた。
羽の模様で名前がわかった。キンウワバ亜科。この間見つけた、キクキンウワバは幼虫だったけど、今の時期この種が多いんだね。
近所付き合いは大事だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クサギカメムシ

クサギカメムシ

大きさや色彩に結構ちがいがある。このクサギカメムシは大きくて色もはっきりしている。成虫は地味な色だが、一令幼虫は赤と黒の派手な模様、カメムシは変化に富んでいて面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火じゃないよ!

花火じゃないよ!

今日は高尾で秋の自然教室アザミの花が真っ盛りでした。アサキマダラ、クロマルハナバチ、ホソヒラタアブがやってきていました。秋の日の穏やかな高尾でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリ

北の丸。昨年から数が増えているように感じる。
やはり、温暖化なのだろう。前羽の中央の白紋があるのに今まで気が付かなかった。これからは間違えずにハラビロカマキリの同定が出来そうだ。やったー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオスカシバ

オオスカシバ

最近、幼虫の顔アップを撮るのが楽しい。
毛虫は毛に顔が隠れているから難しいけど、芋虫はなかなかいい被写体だ。
そろそろ、今年最後の幼虫だろうか、長い冬を蛹で過ごすオオスカシバ、待ってるよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカマキリ

コカマキリ

顔、大アップ!でーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカマキリ

コカマキリ

昨日、家の前にいた!
カメラを向けてもあまり動けないようでー ー。
おかげで、いい写真が撮れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススイロビロウドコガネ

ススイロビロウドコガネ

北の丸にドングリを拾いにいった。ついでにこの間見たウラギンシジミがぶら下がっているか見たら、いなかった。越冬じゃなかったんだね。ホタルガを探してヒサカキを観察していたら、なにやら黒いものがー ー!近づいてみるとビロードの洋服を着たコガネムシが葉っぱを食べていた。
1センチ位の大きさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わからないガー!

わからないガー!

家の中に入って来た。
体長1センチ強、食草、蛹の形態、生態何もわからないけど、都会で生きているガ、我が家の庭のどこかにいた。そして家の中をあちこち飛んでいる。娘が時々キャーと叫んでる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホソヒラタアブ

ホソヒラタアブ

ヤマゼリの白がアブの色をひきたてている。じーと見ていたら、何か?と、いわんばかりに私の顔目掛けてやってきた。目の前で空中飛行を続けていた。
きっと、威嚇したのだろう私は何にみえたのかなあー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キクキンウワバ?

キクキンウワバ?

高尾日影沢
カエデを食べていた。
図鑑で調べると食べているものが違う。
しかも、コバチに寄生されている写真なので私が見つけたのとは大分違う。
同定が難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルガ

ホタルガ

ここのところ、ずーと追いかけていた。幼虫がいるはず!しかし見つからない。この写真は図鑑から写した。若令幼虫で越冬する。
まだまだ、いける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマトシジミ

ヤマトシジミ

娘が可愛い写真を送ってくれた。成虫の飛ぶ姿は暖かければ12月まで見られる。ヤマトシジミは年5〜6回の発生を繰り返す。発育は速く、夏では28日間で成虫が羽化している記録がある。食草はカタバミ。だから
いつでも、どこでもヤマトシジミの観察が出来る。
飛んでいたら追い掛けてみて!ルーペでしか見られないけど卵を探してみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカマキリ

コカマキリ

関節にこんな模様があるなんてしらなかった。
家の近くで、昨年は卵嚢が電柱に着いていた。成虫もよくみかける。増えているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越冬にしては?

越冬にしては?

あまりにも快晴!
カメラ持って北の丸へ出掛けた。
しかし、風が強い。
ヤマモモの葉に懸命にぶらさがっているウラギンシジミを見つけた。
越冬にはちょっとはやいんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムシ

ハムシ

ハムシの同定は難しい。
ネズミモチの葉にいた。
黄色と藍色の8ミリ位のハムシ。日本には約500余種 産するといわれているハムシ。農作物の害虫として著名なものも多い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

漣

雨の中
水溜まりを見ていた。
風がふくと漣ができる。
魚の鱗のような形をした波。大きな魚が泳いでいるようだ。風の音と雨の音、絶え間無く描かれる無色の漣。誰もいない神社の中、幽玄の世界を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンブバッタ

オンブバッタ

何処からやってきたのか、壁にいた。綺麗な緑色。
かなりの飛翔力がある。
捕まえると手の中でピョーンピョーンと跳びはねた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サザナミスズメ

サザナミスズメ

高速道路の下に植えられているモクセイ科の葉を食べていた。大分成長している。高尾で見つけたモモスズメによくにているが、白のラインが鮮明で、都会では前にも観察している。
それにしても、自然とは程遠い所でよく育ったね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョロウグモ

ジョロウグモ

北の丸でーす。
夕方、誰もいない公園
とっても静か
ジョロウがあちこちに網をはって、静かに獲物を待っている。雌のお尻は赤色が目立つ。少し離れた所に小さな雄が待機していた。 アオマツムシ、カネタタキが夕闇を告げていた。
リーリーリ、チンチンチンチン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タバコジバンムシ

タバコジバンムシ

家の中に必ずどこかにいる。3ミリ位の小さな虫、結構飛ぶ。先日、テレビで人に害を与える虫として注目されていると言っていた。アレルギーの原因になるらしい。我が家は普通に飛んでいる。気になったのでしらべると、ハーブティーの箱のなかで繁殖していた。ヤバイ!虫の館になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »